血糖値 下げる 運動

運動療法が血糖値を下げる理由と方法と2つの効果

血糖値 下げる 運動

一般的に運動は、血糖値下げる効果があるといわれています。

 

理由としては、筋肉でのブドウ糖や遊離脂肪酸の利用が促されることにより、血糖値が低下するからです。

 

食後に血糖値が下がりにくい方にとっては、食後に運動することで、血糖値の上昇を抑えることができます。

 

これが運動療法の「急性効果」と呼ばれるものです。

 

また、運動を長く続けて習慣にすることで、筋肉量がアップし、インスリンの働きが良くなり血糖値が上がりにくくなります。

 

基礎代謝や基礎体力の改善をすると、効率よくブドウ糖を消費できるため、ダイエット効果も期待することができます。

 

これを「慢性効果」と呼び、運動療法には、これら二つの効果を期待することが出来るのです。

 

高血糖の方にとっては、糖尿病にならないためにも、ダイエットは必須なため、血糖値を下げる効果だけではないところも嬉しいですよね。

 

しかし、この運動療法の効果を得ながら継続していくのは難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

食生活と同様に、今までの生活スタイルを変えることは難しいことです。

 

運動をするかしないかで、たとえ同じ遺伝子を持っている人でも、糖尿病の発生率が大きく違ってきます。

 

家族や周りの協力を得ながら、運動をする習慣を身につけていきましょう。