血糖値 運動 タイミング

血糖値を下げる運動の効果的なタイミングは??

血糖値 運動 タイミング

糖尿病予防のために、取り入れる必要があるのは、食事療法に並び運動療法です。

 

特に運動に関しては、するかしないかによって糖尿病の発症率が大きく違ってきます。

 

運動は、血糖値を下げる効果が高いといえるでしょう。

 

運動の効果としては2種類があり、食後に運動することで血糖値の上昇を抑制する「急性効果」と、長期に渡って基礎代謝や体力を改善することで得られる「慢性効果」があります。

 

つまり、血糖値への効果が表れるのは、短期的なもの長期的なものがあるのです。

 

食事をした後のタイミングで運動をすると、食後の血糖値の上昇を抑えることができます。

 

なぜなら、筋肉がエネルギーを必要とするため、血液内のブドウ糖が消費されることで、血糖値を下げることができるからです。

 

運動を行うベストなタイミングは、食後30分から1時間です。

 

遅くても食後2時間以内に運動を始めるといいですよ!

 

特に、食後1時間後あたりの血糖値がピークになる時間帯に運動をしていることで、血糖値の上昇が抑えられるでしょう。

 

これが、急性効果です。

 

しかし、激しい運動をすると、アドレナリンやグルカゴンなどの血糖値を上げるホルモンが分泌されることもあるので注意が必要です。

 

糖尿病予防のための運動は、激しい運動や筋トレなどは必要なく、有酸素運動が適しています。

 

例えば、ジョギング・エアロビクス・水泳・サイクリングなどの酸素を十分に補給しながら行う有酸素運動です。

 

これらの有酸素運動で、急性効果も得られますが、継続して、少しずつ基礎代謝や基礎体力をつけていくと、インスリンに対する感受性を高めることができるでしょう。

 

有酸素運動にプラスして筋力トレーニングを加えると、筋肉がつき、血糖コントロールが自然な形で可能になります。

 

こうした運動で得られる効果が慢性効果なのです。

 

でも、やっぱり運動は苦手だし、いちいち運動のことを考えるのも面倒!

 

という方は、こちらの記事を参考にしてみて下さいね。↓↓

 

血糖値を下げる運動量と目安とタイミング

 

今まで、特に運動を心がけていなかった方は、一体何から始めたらいいの?と悩む方も多いですよね。

 

血糖値が高めと言われた方には、誰でも簡単に始められる早足歩行運動がおすすめです。

血糖値 運動 タイミング

1回30分を1日2回から始めて、少しずつ歩数を増やし、3週間くらいかけて1日1万歩を目安に伸ばしていきましょう。

 

いきなり無理して始めると挫折の原因になってしまいます。

 

有酸素運動は、ダイレクトに血糖値を下げる即効性もあります。

 

さらに軽い筋力トレーニングを加えると、慢性効果も期待することができます。

 

いきなりジムに通って、重たいダンベルを上げる必要はありません。

 

すでに糖尿病になっていてインスリン注射を打ったり、薬を服用している場合は、激しい運動をした後、低血糖になってしまう場合もあります。医師の指示のもと、運動療法を行うようにしましょう。

 

通勤電車でのつま先立ちや、極力エレベーターを使わずに階段を使用するなど、日常生活の中で、少しだけ変化を加えることから始めてみましょう。

 

くつろいでテレビを見ているタイミングで、足上げをしてみるのもいいですね。