血糖値 睡眠

血糖値の改善に睡眠は重要?血糖値と睡眠の関係

血糖値 改善

糖尿病の方や、高血糖の方には、寝つきが悪かったり、眠りが浅いといった、睡眠の質が低い方が多いようです。

 

人間は、睡眠をしっかりととらないと、ホルモン分泌に影響を及ぼします。

 

また、睡眠の一番の目的である疲れからも回復することができず、疲労が蓄積してしまいます。

 

これでは、ストレスも溜まってしまい、糖尿病予防や血糖値を下げる妨げになってしまいます。

 

慢性的な睡眠不足は、血糖値も上がりやすくなり、高血圧の心配もあります。

 

人によってベストな睡眠時間は異なりますが、よく眠ることは血糖値改善に必須です。

 

どうしても眠れない!という方は、一度睡眠時無呼吸症候群を疑ってみても良いかもしれません。

 

糖尿病や血糖値が高くてお悩みの方の体型は、肥満傾向があります。

血糖値 改善

気になる方は睡眠外来などを受診してみると、もしかしたら、睡眠トラブルと同時に、血糖値改善ができるかもしれませんよ!

 

また、質の良い睡眠を得るために、枕やマットなどの寝具にも、こだわってみるのも良いかもしれませんね。

 

 

血糖値が上がった状態のまま寝てしまったら?

 

食事を済ませた後、お腹がいっぱいになって、ゴロンと横になりたくなりますよね。

 

「食べてすぐに横になるのは行儀が悪い」といわれることもありますが、胃腸の消化を助けるという意味合いでは、とても良いことです。

 

しかし、食事後には血糖値が上がっている状態の時は、運動をして血糖値を下げる活動をするのには適していますが、睡眠ととるタイミングとしては相応しくありません。

 

お腹が満たされて、満足すると、そのまま横になって眠りたくなってしまいますが、これは肥満にも繋がるのでやめましょう。

 

血糖値 改善

 

さらに、食事前に入浴しておくと、血糖値が上がりにくくなりますよ!

 

睡眠はとても大切ですが、血糖値を下げてから寝るように心がけましょう。

 

 

ハーブで質の良い睡眠を!血糖値の改善作用とは?

 

睡眠は疲れた体を休めるだけでなく、ストレス解消としての大きな役割を担っています。

 

睡眠は、心の疲れもリフレッシュさせるものでなければいけません。

 

睡眠の質を良くするために、アロマセラピーを活用するのもいいでしょう。

 

香りの効果で、心身の健康やリラクゼーションに役立ち、自律神経のバランスを整えてくれます。

 

血糖値が気になる方は、ラベンダーやゼラニウムの香りのアロマを選ぶと、すい臓の働きを良くし、血糖値が下がる効果が期待できます。

 

リラックス効果のあるものには、マンダリン・ベルガモット・カモミールなどがあります。

 

自分の好みの香りを見つけたり、ストレスの軽減される香りを見つけて、睡眠の質を良くしていきましょう。

 

睡眠不足が続くと、血糖値が上昇しやすくなり、糖尿病のリスクが高まります。

 

糖尿病は、一旦なってしまうと、一生付き合っていかなければならない厄介な病気です。

 

後戻りしたくても、もう治ることはありません。

 

そうならないためにも、たかが睡眠と軽く見ないで、本格的に改善していきましょう。

 

睡眠の改善まで、しっかり血糖値も管理・サポートしたい方は、こちらも参考にしてみて下さいね。↓↓